婚活特集コラム

年齢と結婚

結婚適齢期とはいったい何歳なんでしょう。
また、昔と今とではどれぐらい違うのでしょう。

20代や30代前半では、自然(感情的)な出会いを探します。
それを否定するわけではありません。

しかし、年齢を重ねるごとに焦っていく人も多いです。


ここでは、現在の婚活適齢期が何歳ぐらいなのかなど、年齢に関連する資料をもとに年齢と結婚について考えたいと思います。

 

現在の婚活市場

かつては「結婚相談所を利用するのは恥ずかしい」「何となく抵抗がある」という風潮がありましたが、現在様々なサービスが展開されています。なぜでしょうか?

それは誰もが当たり前のように結婚できる時代ではなくなったからだと思います。
それを裏付けるのが生涯未婚率の上昇です。未婚率の上昇は少子化に直結します。少子化が進めば人口減少に繋がり、社会に深刻な影響を与えます。政府でも様々な施策を行っていますが歯止めは利かず、今も進行している状態です。

婚活支援事業は、こういった問題を解決するために大変重要な事業だといえるのです。

ここでは、様々な婚活サービスをご紹介し、これから結婚を考えている人のお役に立てればと思っております。

 

 

結婚式事情

結婚式とは、婚姻を成立させるため、もしくは確認するための儀式です。

『古事記』、『日本書紀』一書第一などの日本神話における伊邪那岐命(イザナギ)と伊邪那美命(イザナミ)の国生み・神生み神話ではオノゴロ島に天の御柱を建て、イザナギが「私と貴方と、この天之御柱を廻って結婚しましょう。貴方は右から廻り、私は左から廻り逢いましょう」という約束をし、出会ったところで「なんとまあ、かわいい娘だろう」「ほんとにまあ、いとしい方ですこと」と呼び合って結ばれたという描写があり、結婚式の起源ともいわれるそうです。
(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より)

それでは、現在の結婚式ってどのような形式が主流なのでしょうか。
近現代においての結婚式事情を調べてみましたのでご覧ください。